健康とまちづくりには密接な関係

近年,健康の様々な側面に建造環境(Built Environment)が影響をおよぼす過程や機序を示す報告が増えてきています.人口減少時代の持続可能なまちづくりのために,公共の安全,健康・福祉のために有用な事物や快適な環境を追求する工学の視点を基盤に,健康と建造環境の関連を研究課題としています.ミクロからマクロまで、健康をコンセプトとした都市デザインを目指しています。

医学と工学から健康なまちづくりを考える

日本ではこれまで,公衆衛生学・社会医学と建築計画学・都市計画学の研究上の接点は限られたものでした.この複合領域を拡大するために,建築意匠で培ったコーディネートスキルを活用し,様々な分野の研究者や企業の実務者と意見交換をしています.積極的に健康とまちや空間のコラボレーションを推進しています。 Read Moreから所属しているラボのHPへ移動できます

ケミレスタウン・プロジェクト

「ケミレス」とは「Chemilal(化学物質)」と「less​(少ない)」をつなげた言葉で、可能な限り有害な化学物質を削減する、という意味の造語です。千葉大学予防医学センター・柏の葉研究棟では、シックハウス症候群など、環境由来の健康影響を予防できる街づくりを目指して、研究を進めています。 Read MoreからプロジェクトのHPへ移動できます

産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)

[ゼロ次予防戦略によるWell Active Communityのデザイン・評価技術の創出と社会実装]

株式会社竹中工務店,積水ハウス株式会社,株式会社富士通ゼネラル研究所,リソル生命の森株式会社,イオン株式会社,日本電気株式会社と共に,市場の開拓を成しうる新たな価値として,暮らしているだけで健康・活動的になる住空間・コミュニティをハード・ソフト両面から提案するプロジェクトをスタートします。本事業は科学技術振興機構(JST)が公募する産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)「共創プラットフォーム育成型」に採択されました。 Read MoreからプロジェクトのHPへ移動できます

UPCOMING EVENTS

Archive

  • 2020.08  ​論文がアクセプトされました ☛ >> ☛リリース(pdf 711kb) >>

  • 2020.03  ​論文がアクセプトされました ☛ >>

  • 2019.12  ​論文がアクセプトされました ☛ >>

  • 2019.12  ​室内環境学会で4題発表しました ☛ >>

  • 2019.09  ​建築学会で発表しました ☛ >>

  • 2019.08  ​論文がアクセプトされました ☛ >>

  • 2019.08  JST主催「イノベーション・ジャパン2019」大学組織展示に参加します 8/29(木)~8/30(金) ☛ >>

  • 2019.08  ​研究費が採択されました ☛ >>

  • 2019.03  国内学会で発表しました ☛ >>

  • 2018.12 【OPERA】Well Active Community 共創コンソーシアム キックオフシンポジウムが開催されました ☛ >>

 

Chemiless Team

Kashiwanoha-Lab.

Norimichi

Suzuki

  • Grey LinkedIn Icon

建築計画・室内空気質

医学と工学の横断領域​

エビデンスに基づいた

健康空間デザインを目指します

予防医学センター 

特任准教授
博士(工学)

Yoshitake

Nakayama

  • Grey LinkedIn Icon

建築デザイン、医療工学、室内空気質

予防医学センター 

特任准教授
博士(工学)

Hiroko Nakaoka

予防医学、室内空気質

シックハウス症候群

予防医学センター 

准教授
博士(医学)

Kayo

Tsumura

これから医学の分野を勉強してまいります。

より良い暮らし・住まいに、役立つ研究をすすめていきます。

予防医学センター 

特任研究員 修士(工学)

Projects

競争的研究資金(進行中)

​寄附講座・奨学寄附金

DNP 大日本印刷株式会社

「屋内環境における紫外線量測定および建材に与える影響」

積水ハウス株式会社

「積水ハウス 健やか住環境創造のためのシックハウス症候群対策研究部門」

基盤研究(C)研究代表者 中山 誠健

研究分担:健康維持増進と知的生産活動向上に寄与する室内空気環境の解明 

基盤研究(C)研究代表者 花里 真道

研究分担:建造環境による社会関係資本の予測モデルの構築
 

若手研究 研究代表者 鈴木規道

大規模コホートデータを用いた“母子・高齢者の健康”に寄与する都市・地域構造の解明

 

若手研究(B) 研究代表者 鈴木規道 (完了)

生理・地域環境・社会経済要因による母子の健康状態への影響構造の解明

基盤研究(A)研究代表者 森 千里

マルチオミクス指標を用いた児の健康影響評価法と胎児期からの新しい予防医学の確立

産学共創プラットフォーム​共同研究推進プログラム

OPERA 研究代表者 森千里

課題2 代表担当 健康住空間

「ゼロ次予防戦略による Well Active Community(WACo)のデザイン・評価技術の創出と社会実装」

​参画中のプロジェクト

リバネス研究費 ダスキン開発研究所賞

「生活スタイルとシックハウス症候群の関係」

〜「掃除の頻度」や「質」は疾患予防につながるのか ?? 〜

厚生労働科学研究費補助金 

研究代表者 近藤克則

介護予防を推進する地域づくりを戦略的に進めるための研究

サンスター技研株式会社

光触媒デバイスによる空気浄化性能の実証評価

 

Chemiless

town

Publications

論文

筆頭, 共著の業績を紹介しています

Link Archiveでは, 一部の論文内容について説明しています Click >>

 

その他

  • 鈴木規道,環境と健康を考えた未来世代のための街づくり, (2017) 第26回 ⽇本臨床環境医学会学術集会 東海⼤学(東京都港区)‹招待講演›

  • 鈴⽊規道,千葉出⽣コホートを通じたエコチル調査への応⽤探索, (2016) 第19回環境ホルモン学会 研究交流センター(茨城県つくば市)‹招待講演›

  • Norimichi Suzuki “Chemical exposure and human health”Chiba University - National Taiwan University
    Symposium,Taiwan University, (台湾・台北) 13-15 January (2015) ‹招待講演›

  • メディア:創樹社 ハウジングトリビューン 新・住まい学 シックハウスと住まい 前編/ 後編​

  • 医学の歩み 

国際学会

  • Suzuki, N., et al. "Indoor air quality and health - Chemiless Town Project Phase 3 "Proceedings of the 12th
    ISAIA, Oct 23-26, 2018, Pyeongchang, Korea

  • Norimichi Suzuki,Masamichi Hanazato,Hiroko Nakaoka, Yoshitake Nakayama, Kazunari Takaya and Chisato MoriISEE/ES AC2018. Changing Environment and  healthy generations - How to secure human health in  the dramatic changing environments,School of Public Health, National Taiwan University, Taipei, Taiwan  

  • Masamichi Hanazato, Norimichi Suzuki, Chie koga, Hiroko Nakaoka, Chisato Mori. A study of design for reduction and monitoring of volatile organic compounds in indoor air: the case of a commercial bank in Japan, The Fifth International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016 (October 28-November 01, 2016, Taichung, Taiwan)

  • Norimichi SUZUKI, Masamichi HANAZATO,Hiroko NAKAOKA , Tomomi YAMADA , Akihfumi Eguchi, Chie Koga, Chisato MORI. Emission rates and substances from low volatile organic compounds(VOCs) paints and sealers, The Fifth International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016 (October 28-November 01, 2016, Taichung, Taiwan)

  • Hiroko Nakaoka, Norimichi Suzuki, Masamichi Hanazato, Akifumi Eguch, Chisato Mori (2016). An approach to make a healthy indoor environment in order to prevent adverse effects on human. The Fifth International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016 (October 28-November 01, 2016, Taichung, Taiwan)

  • Masamichi Hanazato, Masae Otake, Akifumi Eguchi, Norimichi Suzuki, Chie Koga, Yoshiharu Matsuno, Hiroko Nakaoka, Emiko Todaka and Chisato Mori. Relationship between maternal blood PCB level and distance towards the nearest fishing port in Japanese national birth cohort. DOHaD 9th WORLD CONGRESS CAPE TOWN, SOUTH AFRICA 10 NOVEMBER 2015

  • Norimichi Suzuki, Akifumi Eguchi, Masae Otake, Masamichi Hanazato, Yoshiharu Matsuno, Hiroko Nakaoka, Emiko Todaka , and Chisato Mori:An attempt of development of PCBs exposure assessment using Food Frequency Questionnaire in Japanese national birth cohort. DOHaD 9th WORLD CONGRESS CAPE TOWN, SOUTH AFRICA 10 NOVEMBER 2015

  • Akifumi Eguchi, Masae Otake, Masamichi Hanazato, Norimichi Suzuki, Yoshiharu Matsuno, Hiroko Nakaoka, Emiko Todaka , Chisato Mori. Estimation of maternal blood PCB level using Food Frequency Questionnaire in Japanese national birth cohort. EUROTOX 2015, 51st Congress of the European Societies of Toxicology Bridging Sciences for Safety 13 – 16 September 2015 Porto, Portugal

  • Norimichi SUZUKI, Hiroko NAKAOKA, Masamichi HANAZATO, Chisato MORI :Volatile Organic Compounds in Indoor Air; A Review of Concentrations Measured in New Ho uses. International Symposium of Environmental Medicine TAIWAN Oct 24-25 2015

  • Hiroko Nakaoka, Norimichi Suzuki, Satomi Shiga, Chisato Mori:Indoor air chemicals found after reports of office odor and SBS symptoms, International Symposium of Environmental Medicine TAIWAN 2015

  • Chisato Mori, Akifumi Eguchi, Masae Otake, Masamichi Hanazato, Norimichi Suzuki, Masahiro Watanabe, Yoshiharu Matsuno, Hiroko Nakaoka, Emiko Todaka. Possibility to reduce human PCBs exposure by intake of fruits and vegetables. Society of Toxicology 54 th Annual Mettting and ToxExpo2015(SOT2015), San Diego Convention Center March 23–25, 2015

  • Hiroko Nakaoka, Hirosh Seto, Emiko Todaka, Norimichi Suzuki and Chisato Mori. Relationship between indoor air chemical exposure and adverse health effects in a multiple chemical sensitivity suspected patient: Case report study AIR POLLUTION 2015, 23rd International Conference on Modelling, Monitoring and Management of Air Pollution will be scheduled between 01 June, 2015 and 03 June, 2015.

 

国内学会

2019

  • 鈴木規道, 中山誠健, 高谷一成, 津村佳余, 中岡宏子. 環境改善型予防医学 ケミレスタウンプロジェクトの取り組み, 第8回 超異分野学会, ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター(東京都)2019年3月

  • 中山誠健,中岡宏子,鈴木規道,津村佳余,高谷一成,田中眞二,岩山遼太郎,戸髙恵美子,森千里
    室内空気が作業効率に及ぼす影響その1 脳波測定による作業効率の定量化

  • 津村佳余, 中岡宏子,鈴木規道,,中山誠健,高谷一成,田中眞二,岩山遼太郎,戸髙恵美子,森千里
    室内空気が作業効率に及ぼす影響 その2 NASA-TLX を用いた主観的評価からみるリラックス効果の検証

  • 中岡宏子, 鈴木規道 , 中山誠健 , 津村佳余, 高谷一成, 戸髙恵美子, 森千里 
    新築住宅における室内空気中のアンモニア 濃度 の実態調査

  • 鈴木規道, 中岡宏子, 中山誠健, 津村佳余, 高谷一成, 戸髙恵美子, 森千里
    新築住宅における室内空気中のギ酸・酢酸濃度の実態調査

2018

  • 中岡宏子, 鈴木規道, 中山誠健, 高谷一成, 津村佳余, 田中信二, 松下和彦,戸高恵美子, 森千里;健康増進を目指した室内空気環境創造の取り組み, 平成30年室内環境学会学術大会, 東京工業大学(東京都)2018年12月

  • 花里真道, 石川敦雄, 西田恵, 古賀千絵, 吉田紘明, 西垣美穂, 鈴木規道:オフィスにおける健康(その3)~自席の開放性とワーク・エンゲイジメント~, 第77回日本公衆衛生学会(郡山市・福島県), 2018年11月

  • 吉田紘明, 石川敦雄, 西田恵, 古賀千絵, 西垣美穂, 鈴木規道, 花里真道:オフィスにおける健康(その4)~自席の開放性と組織への愛着~, 第77回日本公衆衛生学会(郡山市・福島県), 2018年11月

  • 西田恵, 石川敦雄, 古賀千絵, 吉田紘明, 西垣美穂, 鈴木規道, 花里真道:オフィスにおける健康(その5)~休憩行動と1年後のワーク・エンゲイジメント~, 第77回日本公衆衛生学会(郡山市・福島県), 2018年11月

  • 西垣美穂, 花里真道, 古賀千絵, 鈴木規道, 近藤克則:高齢者の運動機能の低下・うつと地域の街区公園の関連~JAGES2016横断研究~, 第77回日本公衆衛生学会(郡山市・福島県), 2018年11月

  • 花里真道, 石川敦雄, 西田恵, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 鈴木規道, 原裕介:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか?, その9:1年後の心理ストレスと人の声・視線への意識との関連, 学術講演梗概集, p955-956, 日本建築学会大会, 東北大学(宮城県・仙台市), 2018年9月

  • 吉田紘明, 石川敦雄, 西田恵, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 鈴木規道, 花里真道:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか?, その10:自席の天井高さ・パーティションの高さ・物品の量と自席の環境との相関分析, 学術講演梗概集, p957-958, 日本建築学会大会, 東北大学(宮城県・仙台市), 2018年9月

  • 西田恵, 石川敦雄, 鈴木規道, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント、健康、行動にどのように影響を及ぼすか?, その11:ワーク・エンゲイジメントに影響を与える休憩行動についての1年間縦断調査, 学術講演梗概集, p959-960, 日本建築学会大会, 東北大学(宮城県・仙台市), 2018年9月

 

2017

  • 鈴木規道,中山誠健, 中岡宏子, 高谷一成,花里真道,下田美智子,戸高恵美子,森千里,室内空気質に関する意識・住環境・個人属性アンケート調査その2 住居環境および個人属性とシックハウス症候群に関する多変量解析,室内環境学会(佐賀県),2017

  • 中岡宏子,鈴木規道,中山誠健, 高谷一成,花里真道,下田美智子,戸高恵美子,森千里, 化学物質過敏症疑いの患者の室内曝露と症状発現の関係について その2,室内環境学会(佐賀県),2017

  • 下田美智子,中山誠健, 中岡宏子, 鈴木規道, 高谷一成,花里真道,戸高恵美子,森千里,室内空気曝露とヒトの生理指標による健康影響評価,室内環境学会(佐賀県),2017

  • 中山誠健, 中岡宏子, 鈴木規道, 高谷一成,下田美智子,花里真道,戸高恵美子,森千里,室内空気質に関する意識・住環境・個人属性アンケート調査その1 住環境及び個人属性とシックハウス症候群に関する記述統計,室内環境学会(佐賀県),2017

  • 西田恵, 石川敦雄, 鈴木規道, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道:オフィスにおける交流行動とワーク・エンゲイジメントの関連, 第24 回日本行動医学会学術総会(中央区・東京都), 2017年12月

  • 花里真道, 鈴木規道, 古賀千絵, 斉藤雅茂, 近藤克則, 高齢者の閉じこもりと地域の歩道の関連:JAGES 横断研究, 第76回日本公衆衛生学会(鹿児島市・鹿児島県), 2017年11月

  • 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 古賀千絵, 花里真道:オフィスにおける健康(その1)自席環境, 人的支援と心理的ストレスの関連に着目して, 第76回日本公衆衛生学会(鹿児島市・鹿児島県), 2017年11月

  • 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 古賀千絵, 花里真道:オフィスにおける健康(その2)休憩行動とワーク・エンゲイジメントの関連に着目して, 第76回日本公衆衛生学会(鹿児島市・鹿児島県), 2017年11月

  • 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その1:調査概要および基本統計量, 学術講演梗概集, p1099-1100, 日本建築学会大会, 広島工業大学(広島県・広島市), 2017 年8 月

  • 花里真道, 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その2:自席の環境と健康関連QOL との相関分析, 学術講演梗概集, p1101-1102, 日本建築学会大会, 広島工業大学(広島県・広島市), 2017 年8 月

  • 原裕介, 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 花里真道:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その3:自席の環境と職業性ストレス(仕事の負担・遂行状況)との相関分析, 学術講演梗概集, p1103-1104, 日本建築学会大会, 広島工業大学(広島県・広島市), 2017 年8 月

  • 吉田紘明, 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その4:自席の環境と職業性ストレス(社会資源, 総合評価)との相関分析, 学術講演梗概集, p1105-1106, 日本建築学会大会, 広島工業大学(広島県・広島市), 2017 年8 月

  • 西垣美穂, 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 吉田紘明, 古賀千絵, 原裕介, 花里真道:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その5:プレゼンティーズム指標および健康関連QOL と職業性ストレスの相関分析, 学術講演梗概集, p1107-1108, 日本建築学会大会, 広島工業大学(広島県・広島市), 2017 年8 月

  • 古賀千絵, 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 吉田紘明, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その6:心理ストレスと自席環境の関連について〜上司、同僚、家族の支援は緩和要因になるか?〜, 学術講演梗概集, p1109-1110, 日本建築学会大会, 広島工業大学(広島県・広島市), 2017 年8 月

  • 西田恵, 石川敦雄, 鈴木規道, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その7:休憩行動とワーク・エンゲイジメント、健康との関係, 学術講演梗概集, p1111-1112, 日本建築学会大会, 広島工業大学(広島県・広島市), 2017 年8 月

  • 鈴木規道, 石川敦雄, 西田恵, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道:オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その8:年齢・性別・勤務階数ごとにみた階段の利用実態と階段環境の評価, 学術講演梗概集, p1113-1114, 日本建築学会大会, 広島工業大学(広島県・広島市), 2017 年8 月

  • 古賀千絵, 花里真道, 鈴木規道, 近藤克則:高齢者における身体的虐待と幼少期の逆境体験の関連について. 第27回 日本疫学会学術総会(甲府, 2017.1.27) 抄録集p136.

 

2016以前

  • 鈴木規道, 花里真道, 古賀千絵. 新築住宅51棟における竣工直後の室内空気中化学物質濃度について: 学術講演梗概集, p655-656, 日本建築学会大会, 福岡大学(福岡県・福岡市), 2016 年8月

  • 花里真道, 鈴木規道, 古賀千絵, 林尊弘, 辻大士, 近藤克則. 高齢者の転倒と地域環境の関連:JAGES2010データから 第73回日本公衆衛生学会総会(大阪, 2016年11月)

  • 花里真道, 古賀千絵, 鈴木規道. 地域診断時に活用する地図の空間補間に関する研究(地域別の社会参加の状況)JAGES プロジェクトから: 学術講演梗概集, p813-814, 日本建築学会大会, 福岡大学(福岡県・福岡市), 2016 年8 月

  • 古賀千絵, 鈴木規道, 花里真道. 地域診断時に活用する地図の空間補間に関する研究(空間補間法の予測精度の検証)JAGES プロジェクトから: 学術講演梗概集, p815-816, 日本建築学会大会, 福岡大学(福岡県・福岡市), 2016 年8 月

  • Masae Otake, Akifumi Eguchi, Masahiro Watanabe, Kenichi Sakurai, Norimichi Suzuki, Chisato Mori (2016). Association between serum folate and dietary patterns, The 5th Annual Meeting of the Japan Society for Developmental Origins of Health and Disease. 国立成育医療研究センター, 2016年7月

  • 鈴木規道, 谷友香子, 花里真道, 近藤尚己, 近藤克則:高齢者の食環境とうつ発症との関連 -JAGESコホートデータ-, 第72回日本公衆衛生学会総会(長崎, 2015年11月)

  • 古賀千絵, 花里真道, 鈴木規道, 引地博之, 鈴木佳代, 近藤克則:高齢者における心理的虐待発生の地域差 -JAGESプロジェクト- , 第72回日本公衆衛生学会総会(長崎, 2015年11月)

  • 花里真道, 鈴木規道, 古賀千絵, 鈴木雅之:住宅における結露の有無と個人属性・住環境・地域環境に関する研究, 2015年度日本建築学会大会(関東, 2015年9月)

  • 鈴木規道, 花里真道, 古賀千絵:柏市における生鮮食料品店数と高齢化率から見たフードアクセスの研究, 2015年度日本建築学会大会(関東, 2015年9月)

  • 古賀千絵, 鈴木規道, 花里真道:柏市における生鮮食料品店数と人口数からみたフードアクセスの研究, 2015年度日本建築学会大会(関東, 2015年9月)

  • 鈴木規道, 中岡宏子, 山田智美, 志賀里美, 花里真道, 戸高恵美子, 森千里:新築住宅における竣工直後の室内空気中化学物質濃度について, 平成27年室内環境学会学術大会(沖縄, 2015年12月)

  • 志賀里美, 中岡宏子, 鈴木規道, 山田智美, 戸高恵美子, 森千里:SBS症状の訴えのあったオフィスの室内空気環境調査, 平成27年室内環境学会学術大会(沖縄, 2015年12月)

  • 中岡宏子, 鈴木規道, 山田智美, 江口哲文, 森千里:化学物質過敏症疑いの患者の室内曝露と症状発現の関係について, 平成27年室内環境学会学術大会(沖縄, 2015年月)

  • 瀬戸博, 中岡弘子, 鈴木規道, 山田智美, 森千里:化学物質過敏症が疑われる患者の暴露状況調査その1, 第24回日本臨床環境医学会学術集会(東京, 2015年)

  • 花里真道, 次世代社会基盤の構築:予防医科学と建築・都市デザインの連携, 第12回日本予防医学会学術総会(日本科学未来館, 2014年6月)

  • 花里真道, 鈴木弘樹, 鈴木規道, 古賀千絵, 瀬戸博, 森千里:室内化学物質を低減した商業施設の計画・工事監理と濃度評価, 平成26年室内環境学会学術大会(東京, 2014年12月)

  • 鈴木規道, 花里真道, 瀬戸博, 山田智美, 古賀千絵, 森千里:低VOC塗料の放散物質および放散速度に関する研究, 平成26年室内環境学会学術大会(東京, 2014年12月

 

学生・企業の皆様

CONTACT INFORMATION

現在、大学院生を募集しています。詳細は下記フォームよりお問い合わせ下さい
​企業の皆様 , 共同研究, 研究に関する意見交換等お気軽にお問い合わせください 

 

Center for Preventive Medical Sciences,
Chiba University.

 

柏の葉キャンパス:

Tel 04-7137-8200

〒277-0882 

 

千葉県柏市柏の葉6-2-1

西千葉キャンパス:

〒263-8522 

 

千葉市稲毛区弥生町-33
 

千葉大学工学系総合研究棟Ⅰ 

 

504-1号室

 

Center for Preventive Medical Sciences,
Chiba University.