• Norimichi Suzuki

論文が掲載されました

Emission rates of substances from low volatile-organic-compound paints

数年前から、ちょこちょこ書いていた論文がアクセプトになりました。


Suzuki, N., Nakaoka, H., Hanazato, M., Nakayama, Y., Takaya, K., & Mori, C. (2018). Emission rates of substances from low-volatile-organic-compound paints. International Journal of Environmental Science and Technology, 1-8.

First Online: 30 October 2018


低化学物質分類のペイントの中でも、総量にかなりの差が確認できました。

テキサノールはシーラーが発生源と特定できました。ペイントだけではなくてシーラーと合わせて選択する必要があります。2エチル1ヘキサノールなど未規制の物質も確認できました。化学物質の表示義務には限界があり、気を付けなければなりません。

18回の閲覧

Center for Preventive Medical Sciences,
Chiba University.