• Norimichi Suzuki

論文が掲載されました

Changes in the concentration of volatile organic compounds and aldehydes in newly constructed houses over time

積水ハウスさんとの共同研究の結果が論文アクセプトになりました。

Suzuki, N., Nakaoka, H., Nakayama, Y., Takaya, K., Tsumura, K., Hanazato, M., ... & Mori, C. (2019). Changes in the concentration of volatile organic compounds and aldehydes in newly constructed houses over time. International Journal of Environmental Science and Technology, 1-10.

First Online: 16 August 2019


新築住宅の竣工直後(1週間以内)と1か月後の化学物質濃度の経時変化を追いました。

部材に対し、事前にチャンバー試験を行うことで化学物質への暴露を抑えた住宅を開発しています。今までのケミレスタウンプロジェクトの成果とも言えます。

24回の閲覧

Center for Preventive Medical Sciences,
Chiba University.